地域の商工業を支援する久喜市商工会

地域の商工業を支援する久喜市商工会

 

商工会会長

久喜市商工会長あいさつ

久喜市商工会は,平成25年12月1日、久喜市・菖蒲町・栗橋町・鷲宮町の1市3町の商工会が合併して設立された商工会です。
 
 会員数は2500名を超え、全国でも有数の会員数を誇る商工会です。会員事業所が合併のメリットを享受できるよう、それまで各地区で実施していた特色ある事業は承継し、新たに全体事業を実施し、市内の商工業振興に努めております。
 
しかしながら,地域の中小企業・小規模事業者を取り巻く環境は、少子高齢化などの構造的問題による消費の低迷、人材不足に伴う労働コストの増加、また、経営者自身の高齢化や後継者難など、依然として厳しい状況が続いています。
 
  このような中、久喜市商工会では、小規模事業者支援法の規定に基づき、経済産業大臣から「経営発達支援計画」の認定を受け、行政や関係各所と連携し、本市の実態に即した方法で小規模事業者に対し、伴走型での支援を行っているところです。
 
  今後とも「会員のニーズに的確に対応し、地域経済の発展に貢献する商工会」を目指し、積極的に取り組んでまいりたいと考えておりますので、市内の事業者様におかれましても、引き続き格別のご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 

 
久喜市商工会 会長 小林 英一